メインイメージ

様々な商品、情報サイトがある中、どれもこれも言っていること書いていることがバラバラで判断に迷う方も多いと思います。それもそのはず。なぜ効果があるのか?という明確な“根拠”

がないのです。 しかし、どの酵素ドリンクメーカーも「酵素でダイエット」「酵素を積極的にとろう」とアピールしていることは共通しています。つまり・・・

“酵素エキス”が入っている“量”がポイント

なのです。そして、酵素エキスとはラベルなどの原材料名に・・・

“植物発酵エキス” や“野草発酵エキス”や“植物発酵抽出物”

と書かれている成分のことであると、各メーカーが答えてくれました。
じゃあどうやって判断するの?という方も多いはず。実は・・・

「商品に入れている原料は、
多く入っている順番に記載しなさい!」

という国が定めたルール(法律)が存在しており、これに従ってどの商品も販売する“義務”があります。つまり、このルールにのっとって原材料記載部分を確認すれば、どんな原料が一番多く入っているのか?酵素エキスがどれくらい入っているのか?を一発で見破ることが可能です。
当サイトは、「○○がたっぷり」「○○を濃縮配合」といった不正確な情報や口コミ・誇大広告に踊らされることなく、どの商品にも適用される国が定めたルール(法律)を基準に、酵素エキスが多く含まれた酵素ドリンクを選定しています。

>>算出方法を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください<<

植物発酵エキスが一番初めに書かれているので、植物発酵エキス=酵素エキス100%です。トライアルサイズの価格の安さも気になったので、酵素エキス100%かどうかも合わせて、メーカーに電話確認済です。野草ということで味を心配する人が多いそうですが、そのままでもプルーンのような味で飲みやすいです。 (野草を使ったベジライフ酵素液を濃くしたような味だと思います)それでも、野草のイメージから味が心配な人は豆乳やりんごジュースで割るととっても美味しいので心配はいりません。最初から薄まっている酵素ドリンクよりも、自分で割って飲めばコスパも最高☆効果の高さから、今年に入って無添加の商品が急上昇していますが、成分・効果・価格面でこちらが一番オススメです!

 

野草発酵エキスや植物発酵エキス等の記載はありませんが、酵素エキスを抽出している一つ一つ原材料のみが記載されています。つまり、完全無添加=植物発酵エキス100%です。
こちらも念のためメーカーに電話確認済です。2種類の味から選べて容量も多いのでコスパも最高!完全無添加なので製造費用もかなり高いと想定できますが、それにもかかわらず全額返金保証を設けている点も凄い!個人的な感想になってしまいますが、梅味はそのままでも非常に飲みやすいです。スタンダードについては、りんごジュースで割って飲めばゴクゴクいけます。

 

販売本数100万本は優に超えている酵素ドリンクです。浜田ブリトニーさんといえば思い浮かぶくらいの商品です。一時期の勢いはありませんが、それでも当サイトでは売れ筋商品です。
商品ラベルに植物発酵エキスと初めに記載がありますので、酵素エキスが一番多く入っていることになります。しかし、リンゴ酸・保存料も入っていますので無添加ではありません。一応メーカーに確認したところ配合量は企業秘密で教えていただけませんでしたが、保存料は国の基準内でリンゴ酸はPH調整(すっぱさの調整)とのことなので大量には入っていないといえます。

 

一つ一つの原材料名のみがきさいされており植物発酵エキス=酵素エキス100%です。こちらも念のためメーカーに確認済です。
酵素エキス100%に共通しているのは、栄養成分分析結果や残留農薬試験結果、放射能検査等の証明データを誰でも見れるところに開示しています。薄めたり、添加物を加えたりしていないので、美味しいとか読モがどうこうとかでユーザーを引き付ける必要がなく、洗いざらい公表しています。かなり値が張りますが、無添加の効果を知った人は手放せなくなると思います。定期コースなら、2回目まで8,800円でかなりお得になっています。

 

一つ一つの原材料名のみがきさいされており植物発酵エキス=酵素エキス100%です。毎日酵素の商品ページでも、限られた体内酵素を消費してしまう添加物入りの酵素ドリンクは薦めていません。無農薬の原料を使用しているためか残留農薬検査を実施していません。他の酵素よりも酸っぱさが強い味です。使用している原材料の数が少ないためか他の同容量の酵素エキス100%商品と比べても若干割安な商品です。原材料を見てココナッツかぁ・・・となった人もいるかもしれませんが、発酵させて抽出していますのでココナッツ臭はほぼ気にならないと思います。

 

1番目に書かれている植物発酵エキス=酵素エキスです。この他に、果糖ブドウ糖液糖、オリゴ糖、ビタミン類が記載されていますので、酵素エキス100%ではありません。1番目に植物発酵エキスが書かれている=一番多く含まれているのは確かですが、具体的に何%以上含まれているかは、メーカーに確認するしかありません。(企業秘密で教えてもらえないでしょうが)実際にベジーデル酵素液を飲んだ時の風味からすると、ジュースのようにいくらでも飲めるほどの飲みやすさはありませんでしたので、果糖ブドウ糖液糖やオリゴ糖はそれほど多く入っていないと想定できます。(仮に大量に入っていた場合は、ほぼジュースのようにゴクゴク飲めます)

 

【用語解説】
■マルチトールシロップ
砂糖の半分のカロリーで甘みを増す効果がある甘味料。
■デキストリン
じゃがいもやトウモロコシのでんぷんから作られる食物繊維。

3番目に書かれている野草発酵エキスが酵素エキス=植物発酵エキスです。シロップ・デキストリン(でんぷん)のほうが酵素エキスよりも多く含まれていることになります。「86種類の天然原材料、長期熟成濃縮発酵エキス100%」と書かれているにも関わらず、シロップ・デキストリン(でんぷん)のほうが多く入っており、甘味料や着色料等まで入っています。加えて、メーカーに電話をして驚いたことが1つ。 86種類の天然原材料から酵素エキスを抽出しているように商品ページでは見受けられますが、実際に発酵エキスを抽出しているのは野草だけで、野菜・果物は発酵抽出していないとのこと・・・
お嬢様酵素は720ml入りですので、仮に3番目までの原料でできていたとしても、720ml÷3原料=240ml/1原料あたりとなります。つまり酵素エキスは最大でも240ml=33.33%。残り67.77%は、マルチトールシロップやデキストリンといった糖分やでんぷん、発酵させていない野菜・フルーツエキス、着色料等の添加物で占められているということになります。商品の内容物の70%近くが、シロップやでんぷんで出来ているものに4,000円以上払っても人気があるからいい!美味しいからいい!という人だけ購入してください。

【用語解説】
■果糖ブドウ糖液糖
液状の糖。甘味は砂糖に近く、すっきりした清涼感がある原料。
■イソマルトオリゴ糖
オリゴ糖の一種で、砂糖よりもマイルドな甘さが特徴の原料。

4番目に書かれている植物発酵抽出物=酵素エキスです。果糖ブドウ糖液糖・イソマルトオリゴ糖・水溶性食物繊維のほうが、重要な酵素エキスよりも多く含まれていることになります・・・こちらの酵素ドリンクは710ml入りですので、仮に4番目までの原料でできていたとしても、710ml÷4原料=177.5ml/1原料あたりとなります。つまり酵素エキスは最大でも177.5ml=25%。残り75%は、果糖ブドウ糖液糖・イソマルトオリゴ糖といった糖分や甘味料、りんご果汁等で占められているということになります。プラセンタエキスやヒアルロン酸も入っているようですが、8番目と9番目に書かれていますので同じように算出するとかなり少ない量しか入っていないことが想定できます。@cosmeでも「ダイエット・美肌効果を全く感じない」「飲んでる意味がない」「購入していない人の口コミがかなり多い」等散見されますが、これらは酵素エキスが少ない裏付けで、「美味しい」「ジュースみたい」という口コミは液糖や果汁が多く含まれている裏付けになると思います。

右画像は、商品のビンに張られたラベルですが、ベルタ公式HP内の成分ページに記載された内容と異なります。つまり、ベルタ公式HP内の成分ページを正しい情報と思って購入した人は、商品が届いて初めて商品ラベルとの情報の違いに気付くことになります。この点についてメーカーに確認したところ、「インターネットは規制がないので、お客様が見やすいように原料の並び順を変えている」との信じがたい回答をもらいました。また「酵素数は業界No1の165種類を配合」の点について「4,000種類以上あると言われている酵素のうち165種類入っているということか」と確認したところ「はいそうです」と回答をもらいましたが「本当にアミラーゼやリパーゼといった酵素が165種類か」と3回ほど確認すると「それは・・・酵素ではなく“原料”が165種類です・・・」と回答が変わりました。

3番目に書かれている植物発酵エキスが酵素エキスです。イソマルトオリゴ糖・食物繊維含有デキストリンのほうが酵素エキスよりも多くふくまれていることになります。酵水素328選は500ml入りですので、仮に3番目までの原料でできていたとしても、500ml÷3原料=166ml/1原料あたりとなります。つまり酵素エキスは最大でも166ml=33.33%。166ml以上入っていた場合、「原料は多い順に書きなさい」のルールに従うと、1番目か2番目に書く必要があり3番目には記載できないからです。残り334ml=67.77%は酵素エキスではなく、オリゴ糖やデキストリンが入っているということになります。商品の70%近くかそれ以上がオリゴ糖やデキストリンでできていても、飲みやすいからいいという人以外にはオススメできません。

酵素ドリンクの選び方

酵素ダイエットが流行り始めてから、沢山の酵素ドリンクを目にするようになりましたが、皆さんはどのようにして酵素ドリンクを選んでいますか?モデルや芸人を広告塔にしている商品、値段が手頃な商品、口コミ件数の多い商品、友人に勧められた商品、情報サイトのランキングで上位の商品etc

  選び方は様々ありますが、絶対的にハズレのない酵素ドリンクの選び方(商品の見分け方)には必須0ポイントがあります。ここでもオススメの商品をしていますが、これらの商品はこれから伝授させていただく酵素ドリンクの選び方(商品の見分け方)の必須ポイントをクリアした効果が見込めるものばかりです。

今酵素ドリンクを飲んでいる方はその酵素ドリンクが必須ポイントをクリアしているのか確認してみるのもいいでしょう。そして、酵素ドリンク選びに迷っている方は、この必須ポイントをクリアしている商品を選んでみてください。余裕のある方は、必須ポイントをクリアしている商品とそうでない商品を購入してく比較してみるのもいいかもしれません。その違いをはっきり感じることができるでしょう。

酵素ドリンクのコスパ比較

良く見かける、酵素ドリンクのコスパ比較ですが、そのほとんどがコストだけでの比較になっているように思います。というのも、「コスパNo1」となっていても、その酵素ドリンクには天然発酵エキスよりも果汁などのほうが多く入っているものが多いからです。

一回の置き換えの量は40mlで同じだったとしても、天然発酵エキス100%を40mlと果汁や添加物のほうが多く含まれた40mlでは効果が違うことは明らかです。

コストだけではなく、パフォーマンス(天然発酵エキス含有量)にもしっかり着目したコスパ比較一覧を参考になさってください。

酵素ダイエットで効果が出ない方

酵素ドリンクを使った酵素ダイエットは置き換えダイエットの一つです。他の置き換えダイエットは続かなかった人や効果がなかった人でも結果が出やすいため非常に人気です。

しかし、酵素ダイエットでも思ったように結果が出ない人がいることも事実です。では、酵素ダイエットで効果が出ない人はいったいどのようなタイプの人でしょうか。

①標準体重以下
②酵素ドリンク選びを間違えている
③置き換えた分を他の食事でプラスで食べている

まず①の原因。
酵素ダイエットは、酵素ドリンクに食事を置き換えることで消化器官を休め、体の体質改善及び代謝を上げることでダイエットを行います。つまり、健康的に痩せるためのダイエット方法です。もちろん、体質改善によって実施後も太りにくい体質作りができることも確かです。しかし、カロリーカットによるダイエットを繰り返し、普段から食事制限を頻繁に行い、標準体重かそれ以下の人にはやはり効果は出づらいのです。あくまでも健康的に痩せるための酵素ダイエットには適していません。

次に②の原因。
酵素ドリンクには「普段の食事を、体に負担のない天然発酵エキスである酵素ドリンクに置き換えることで、カロリーをカットし消化器官を休め、天然発酵エキスのチカラで体の体質改善及び代謝を上げることでダイエットできる」という本来の良さがあります。

しかし、全ての酵素ドリンクが天然発酵エキスであるかといえばそうではありません。最近頻繁に目にするのは、酵素ダイエットの効果を実現するための天然発酵エキス(野菜や果物を発酵させた液体)が少量しか入っておらず、ほとんどが果汁やシロップで満たされている酵素ドリンクです。

天然発酵エキスが少量しか入っていないものは、添加物の量も多く、安価であるのが特徴です。そして添加物の影響で毒素が体内に溜まり(食事を添加物に置き換えているようなものなので)、一時的に体重が減少する可能性はあっても、止めた瞬間にリバウンドやその後太りやすい体質なってしまうのです。 

最後に③の原因。
これは、酵素ダイエットに限らず他のダイエット方法でも言えることです。
朝我慢した分、ご褒美的にお昼を少し豪華にする気持ちも分かります。
しかし、酵素ドリンクでのダイエットの良さは、「ご褒美的にお昼を少し豪華に」と思った時に、もう一杯酵素ドリンクを飲むことで空腹感を抑えられる点にあります。もう一杯のメリットを活かしましょう。 

Copyright© 2010 酵素ダイエット|酵素ドリンク選びに迷った方へ| All Rights Reserved.