5月, 2014年

企業調査その1 株式会社ステップワールド

2014-05-31

◇企業名
株式会社ステップワールド

◇設立
1986年(昭和61年)

◇事業内容
商品開発事業/通信販売事業/卸売事業/太陽光発電事業

◇主要取扱商品
美的90選ベジライフ酵素液、ビエナゼリーライブラリー/スリミックシェイク他

◇ベジライフ酵素液はどこで作られているのか?
不明※HP記載なし

◇ベジライフ酵素液の原材料一覧
※原材料表記一覧キャプチャ

◇ベジライフ酵素液の酵素量(=植物発酵エキスの配合量)
原材料一覧の一番最初が「植物発酵エキス」で、()内に個別に使用している原料となっていますが、
りんご酸、保存料と続いていますので添加物ありの酵素ドリンクになります。
酵素の配合量は80%~90%程度ではないかと想定されます。

◇私がこの企業に対して感じたところ
主要商品以外にもいくつかありますが、ダイエット中心の品揃えです。
芸能人を使った広告で「○○も痩せた!」といった感じで、
商品スペックよりも有名人で消費者を魅了している感じでしょうか。

実際に、「何が入っていて、どうダイエットに効果的なのか?」といった点は
ほとんどありませんでした。(もちろん、酵素の原料については触れていましたが)

また、100万本以上売れていている自信なのか、他社のようにおまけを付けたり、
○万本限定キャンペーンなど煽るような広告宣伝はあまりないように思います。

フリーダイアルに「ベジライフ酵素液には“酵素”そのもの(アミラーゼやリパーゼ等)が入っているのか?」
確認したところ別の問い合わせ電話番号にかけなおすことになりましたが、
そこでの女性の対応はすごく丁寧で、アミラーゼやリパーゼといった“酵素”そのものが入っているかのような
消費者を欺いたり、ごまかすような回答・対応はありませんでした。

⑬有効成分調査 ~酵素MAKER~

2014-05-18

有効成分がいったいどのくらい入ってるんだ?というのを商品個別に調べてみました。全ての商品を調べるほど余裕はないので、酵素ダイエットや酵素ドリンクでランキングサイトでオススメされている主要な商品に限定しています。

 

ちなみに有効成分とは、酵素ドリンク=植物発酵エキスであり、酵素ドリンクでダイエット効果や美容効果を実現させているため、いったいどのくらい有効成分が含まれているのか?を調べた結果です。

 

結果を見て、自分が選んだ又は選ぼうとしている酵素ドリンクに安堵する人、間違った選択をしたことに気付く人、思い込みの効果だったのかと悔しがる人、もしかしたらやり場のない憤りを覚える人もいるかもしれません。

 

でも、結果を見て「知ってよかった!」とプラスに捉えていただけたなら幸いです。

 

 

■酵素MAKER

酵素メーカー

<使用原料順>

1位 : ぶどう糖果糖液糖

2位 : 精製蜂蜜

3位 : 植物発酵エキス

4位 : リンゴ酢

5位 : リンゴ濃縮果汁

※パッケージ又は商品紹介サイトに記載されている原材料表示から、
 その商品に多く含まれている原材料を1~5番目まで順番にピックアップ。

 

 

酵素ドリンク=植物発酵エキス(酵素エキス)は3番目に記載されています。

 

 

酵素MAKERは720ml入りです。仮に3番目までの原料でできていたとしても、720ml÷3原料=240ml/1原料あたりとなります。つまり酵素エキスは「最大“でも”」720ml中に240mlの計算になります。

 

 

「最大“でも”」の点がポイントです。ぶどう糖果糖液糖300ml/精製蜂蜜200ml/植物発酵エキス100ml/リンゴ酢50ml/リンゴ濃縮果汁50ml/その他20mlといった感じで、植物発酵エキスが720ml中100ml程度しか入っていない可能性も十分あるからです。

 

 

ちなみに、酵素MAKERの植物発酵エキス(酵素エキス)は岡山県産の野菜と果物合わせて37種類から抽出されたものを使用しているようです。

 

 

実際にリンゴ味で美味しいという口コミが多いので、成分的にもペットボトルのりんごジュースに近いのではないかと思います。

 

 

ちなみにアサヒ飲料のバヤリース アップルの原料の並び順は・・・

 

果糖ぶどう糖液糖/砂糖/ぶどう糖/りんご/酸味料/香料/ビタミンC

 

ぶどう糖のところを植物発酵エキスに変えてみると、使用している原料も近いし、並び順もほとんど同じですね。

 

 

これを飲んで酵素ダイエットの効果があった!体質が改善された!というのは不思議でなりませんが・・・この成分なら半額でもオススメできません・・・

⑫有効成分調査 ~酵水素328選~

2014-05-11

有効成分がいったいどのくらい入ってるんだ?というのを商品個別に調べてみました。全ての商品を調べるほど余裕はないので、酵素ダイエットや酵素ドリンクでランキングサイトでオススメされている主要な商品に限定しています。

 

ちなみに有効成分とは、酵素ドリンク=植物発酵エキスであり、酵素ドリンクでダイエット効果や美容効果を実現させているため、いったいどのくらい有効成分が含まれているのか?を調べた結果です。

 

結果を見て、自分が選んだ又は選ぼうとしている酵素ドリンクに安堵する人、間違った選択をしたことに気付く人、思い込みの効果だったのかと悔しがる人、もしかしたらやり場のない憤りを覚える人もいるかもしれません。

 

でも、結果を見て「知ってよかった!」とプラスに捉えていただけたなら幸いです。

 

 

■酵水素328選

酵水素328

<使用原料順>

1位 : イソマルトオリゴ糖

2位 : 食物繊維含有デキストリン

3位 : 植物発酵エキス

4位 : 糖蜜

5位 : 黒糖

※パッケージ又は商品紹介サイトに記載されている原材料表示から、
その商品に多く含まれている原材料を1~5番目まで順番にピックアップ。

 

 

酵素ドリンク=植物発酵エキス(酵素エキス)は3番目に記載されています。

 

 

酵水素328選は500ml入りです。仮に3番目までの原料でできていたとしても、500ml÷3原料=166ml/1原料あたりとなります。つまり酵素エキスは最大でも500ml中に166mlの計算になります。

 

 

4番目・5番目の原料も糖分が並んでいますので、大部分が糖分でできていると算出できます。「328種類の野菜と果物の発酵成分を配合」と書かれているので、なんだか凄い!と思ってしまいそうですが、328種類の野菜と果物から抽出したエキスが500ml中に1mlでも入っていれば「328種類の野菜と果物の発酵成分を配合」と書けてしまうのが驚きです・・・

 

 

芸能人やモデルが商品紹介ページで大きく出ていたり、原材料がやたらめったら多い商品のほうが効果があるのでは?となってしまいがちですが、こういった商品ほど原材料をしっかり確認することをおすすめします。

 

 

有効成分がしっかり入った商品で効果がない場合は「私には向いてなかったんだな」と諦めがついても、中身の大部分が糖分やでんぷん等でできている商品だと後で知ってしまった場合は後悔とストレスしか残らないですよ!

 

≫成分配合量算出方法はコチラ

Copyright© 2010 酵素ダイエット|酵素ドリンク選びに迷った方へ| All Rights Reserved.