1月, 2015年

⑯有効成分調査 ~わがまま酵素~

2015-01-26

有効成分がいったいどのくらい入ってるんだ?というのを商品個別にアイウエオ順で調べてみました。全ての商品を調べるほど余裕はないので、酵素ダイエットや酵素ドリンクでランキングサイトでオススメされている主要な商品に限定しています。

 

ちなみに有効成分とは、酵素ドリンク=植物発酵エキスであり、酵素ドリンクでダイエット効果や美容効果を実現させているため、いったいどのくらい有効成分が含まれているのか?を調べた結果です。

 

結果を見て、自分が選んだ又は選ぼうとしている酵素ドリンクに安堵する人、間違った選択をしたことに気付く人、思い込みの効果だったのかと悔しがる人、もしかしたらやり場のない憤りを覚える人もいるかもしれません。

 

でも、結果を見て「知ってよかった!」とプラスに捉えていただけたなら幸いです。

 

 ■わがまま酵素

わがまま酵素

<使用原料順>

1番目 : 果糖ぶどう糖液糖

2番目 : 複合植物発酵物

3番目 : 水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)

4番目 : 黒酢もろみ末

5番目 : デキストリン

※パッケージ又は商品紹介サイトに記載されている原材料表示から、
 その商品に多く含まれている原材料を1~5番目まで順番にピックアップ。

 

 

酵素ドリンク=植物発酵エキス(酵素エキス)は2番目に記載されています。1番目に記載された原料は液糖。つまり、この酵素ドリンクも酵素エキスより、ただの糖分がメインになっているということです。 

 

 

仮に1番目・2番目の二つの原料だけで、この酵素ドリンクが出来ていたとしても、植物発酵エキス(酵素エキス)は最大でも50%しか入っていない計算になります。

 

 

価格は、5,100円(500ml入り)/1本程度なので、酵素エキス100%の完全無添加の酵素ドリンクを購入したほうが断然お得です。

 

【最新】酵素ドリンクコスパ比較一覧

 

酸味料、香料、カラメル色素、安定剤(増粘多糖類)、甘味料(スクラロース)、V.C、保存料(安息香酸Na)・・・と添加物も結構入っているので、本当に効果を求めるならオススメはできません。

 

 

酵素ダイエットを行い、痩せた人もいるとは思いますが、そのほとんどは食事を置き換えることでカロリーを減らした結果にすぎず、糖分や果汁が主成分の酵素ドリンクに置き換えても、体質が改善された・代謝が上がったといった根本的な解決ができるわけではありません。

 

 

酵素ドリンクにかかわらず、どんな健康食品でも必ず“原材料表示”を確認してから購入するようにしてください。

 

 

≫成分配合量算出方法はコチラ

 

⑮有効成分調査 ~女優酵素~

2015-01-23

有効成分がいったいどのくらい入ってるんだ?というのを商品個別にアイウエオ順で調べてみました。全ての商品を調べるほど余裕はないので、酵素ダイエットや酵素ドリンクでランキングサイトでオススメされている主要な商品に限定しています。

 

ちなみに有効成分とは、酵素ドリンク=植物発酵エキスであり、酵素ドリンクでダイエット効果や美容効果を実現させているため、いったいどのくらい有効成分が含まれているのか?を調べた結果です。

 

結果を見て、自分が選んだ又は選ぼうとしている酵素ドリンクに安堵する人、間違った選択をしたことに気付く人、思い込みの効果だったのかと悔しがる人、もしかしたらやり場のない憤りを覚える人もいるかもしれません。

 

でも、結果を見て「知ってよかった!」とプラスに捉えていただけたなら幸いです。

 

 

■女優酵素

女優酵素

<使用原料順>

1番目 : 植物発酵エキス

2番目 : 果糖ぶどう糖液糖

3番目 : 醸造酢(野菜酢)

4番目 : ゴールデンパイン果汁

5番目 : ピーチ果汁

※パッケージ又は商品紹介サイトに記載されている原材料表示から、

その商品に多く含まれている原材料を1~5番目まで順番にピックアップ。

 

 

酵素ドリンク=植物発酵エキス(酵素エキス)は1番目に記載されています。

 

 

一見、1番目が植物発酵エキスなのでよさそうですが、2~5番目の原料に注意が必要です。液糖で薄めてお酢で酸っぱさを出し、果汁で飲みやすくしているのが分かります。

 

 

内容物に粘り気を出す安定剤が入っていますので、酵素ドリンク特有のトロミを出すため又内容物が分離してしまうのを防ぐためではないかと思われます。

 

 

女優酵素は薄められているので、植物発酵エキスの「量」は少ないと考えられますが、「質」については70種類の国産原料(野菜・果物・海藻)から抽出されており、この点においては品質は高いと言えるかもしれません。

 

 

香料で酵素特有の発酵臭もやわらげられている&果汁が2種類入っているので、効果よりも美味しさ重視の人にはおすすめです。

 

安定剤とは

食品添加物の一つ。キサンタンガム、ペクチンが有名である。用途によって呼び方が異なり、少量で高い粘度(粘り気)を出すものを増粘剤、ゼリー状に固めるものをゲル化剤、粘度を高めたり内容物が分離しないようにするものを安定剤と呼ぶ。

 

≫成分配合量算出方法はコチラ

⑭有効成分調査 ~太陽の酵素~

2015-01-22

有効成分がいったいどのくらい入ってるんだ?というのを商品個別に調べてみました。全ての商品を調べるほど余裕はないので、酵素ダイエットや酵素ドリンクでランキングサイトでオススメされている主要な商品に限定しています。

 

ちなみに有効成分とは、酵素ドリンク=植物発酵エキスであり、酵素ドリンクでダイエット効果や美容効果を実現させているため、いったいどのくらい有効成分が含まれているのか?を調べた結果です。

 

結果を見て、自分が選んだ又は選ぼうとしている酵素ドリンクに安堵する人、間違った選択をしたことに気付く人、思い込みの効果だったのかと悔しがる人、もしかしたらやり場のない憤りを覚える人もいるかもしれません。

 

でも、結果を見て「知ってよかった!」とプラスに捉えていただけたなら幸いです。

 

 

■太陽の酵素

太陽の酵素

<使用原料順>

1位 : 植物発酵エキス

2位 : レモン濃縮果汁

※パッケージ又は商品紹介サイトに記載されている原材料表示から、

 その商品に多く含まれている原材料を1~5番目まで順番にピックアップ。

 

 

酵素ドリンク=植物発酵エキス(酵素エキス)は1番目に記載されています。

 

 

太陽の酵素には、少なくとも内容量の半分以上は植物発酵エキス(酵素エキス)が入っていると言えます。(後々になって商品ページを見たところ、99.5%は植物発酵エキスでできており、残り0.5%が甘さを抑えるためにレモン果汁を配合と記載がありました)

 

 

完全無添加の植物発酵エキス100%の酵素ドリンクの場合や、太陽の酵素のようにほとんど薄めていない商品については、商品品質に自信があるため配合量を公開していることが多いように思いますが、この点を公開できない(していない)又は問い合わせても教えてもらえない場合は購入に慎重になったほうがいいと思います。

 

 

というのも、原材料表示は販売時に表示義務があるのですが、どこに記載しなさいといったルールがありません。これをいいことに、なかなかたどり着けないページに記載されていたり、商品のラベルに記載された表示とウェブサイトに記載された表示を変えていたりすることがあります。

 

 

そして、こういった商品の多くは糖分や果汁で植物発酵エキス(酵素エキス)を薄めており、決してオススメできない商品ばかりでした。しかも、他の無添加酵素ドリンク又は太陽の酵素のように無添加に近しい酵素ドリンクと同価格帯か1,000円程度安く設定されており、金額が近しい=成分的にも劣らないと消費者が勘違いしてしまうのです。

 

 

原材料表示を確認し、一番最初に「植物発酵エキス」や「植物発酵抽出物」や「野菜・野草・果物発酵抽出物」等が記載されている商品を選ぶことが最も大切ですが、そもそも原材料表示が見つけやすいところに掲載されているかどうかも、商品を選ぶ基準の一つと言えると思います。

 

≫成分配合量算出方法はコチラ

Copyright© 2010 酵素ダイエット|酵素ドリンク選びに迷った方へ| All Rights Reserved.